Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイイレ2017myclub攻略 スカウトオークション 優良選手スカウト組み合わせまとめ 

どうもぴっころです。
今回は何のドヤ記事も書けないのでとりあえず今作から新たに導入された
スカウトオークションの仕組みや組み合わせを紹介したいと思います。


スカウトオークションとは
今作から欲しい選手を獲得できるようにということでいわゆる狙い撃ちができるようになりました。
その狙い撃ちのために必要なスカウトをオークション形式で取れるシステムです。
出品者はコナミでユーザーは入札のみです。
コナミが貴重なGPをユーザーに使わせて課金額を増やさせる画期的なアイデアというわけです。

スカウトオークションの仕組み
スカウトオークションには1stラウンドとファイナルラウンドがあります。

1stラウンドとは
1stラウンドは簡単に言えば落札の意思表示で
1stラウンドに入札しないとファイナルラウンドには進めません。
とりあえず欲しいスカウトがあれば片っ端から入札してファイナルラウンドを待つ形になります。
落札意思がなくてもとりあえず1stラウンドで入札しておけば最終の落札額を知れるので
相場を知れる意味でもとりあえず入札することは良いことだと思います。
※入札額が更新されればGPは返って来ます
※1stで最高入札者になった場合は追加入札という形になります。

ファイナルラウンドとは
1stラウンドの最高入札額が最低ラインとなり、1stラウンドに入札履歴がある人だけ入札権が与えられます。
入札権は1人1回で他の参加者の入札額は表示されません。
そこで最高入札額だった人が落札者になります。
※入札期限は1st終了から24時間後まで
つまり1st入札から落札までは丸1日以上かかるのでGPが足りないからとかは
あまり考えなくて良いと思います。

選手獲得の仕組み
スカウトの☆の数に応じて獲得できる選手が決まっています
正確には使ったスカウトの☆の数を平均した値の小数点以下を切り捨てた値によって決まります。
※例(スカウトを3枚使った場合)
☆の合計が15(平均5):黒を含む全て
12~14(平均4):金以下
9~11(平均3):銀以下
6~8(平均2):銅以下
3~5(平均1):白のみ

選手獲得のコツ
・欲しい選手といらない選手が被った場合
先にいらない選手を狙い打ちする。特に金以上になると被りやすくなるので重要。
・欲しい選手のスカウトが高いから厳しい
スカウト2枚で確定が出せる時の小ネタがあります。
例えば金の欲しい選手がいる場合
2枚で確定なら組み合わせは
☆4+☆4or☆5+☆3が必要になります。
ただ☆4以上はスカウトによっては非常に高額になります。
そこでその選手に該当する人気がない☆5を落札する。(右足、攻撃エリア中央etc相場3~5万GP)
するとスカウトが3枚になるので金の条件が
☆5+☆4+☆3と☆5+☆5+☆2でもOKになり
所属クラブや国籍といった高いスカウトの必要な☆の数を下げれます。
また、ラミレスのような所属クラブが☆3までしかない金を獲得するのにも必須なテクニックです。

優良選手スカウト組み合わせ一覧

GK

ベゴビッチ:ボスニア+GKセンス 確定
ペリン:ジェノア+ディフレクティングorコラブシング+24歳以下 確定

DF

クリバリ:ナポリ+フランス 確定
ヴァラヌ:MDホワイト+CB+ヘディング 確定
パパスタソプーロス:その他ヨーロッパ+CB+スタミナ 確定
ベナティア:イタリアリーグ+アフリカ+ディフェンスセンス 確定
マノラス:ローマ+ヘディング+25~29歳 他1名を先に狙い撃ち

ベルトラン:コートジボワール+イングランドリーグ+CB 確定
アバーテ:ACミラン+RSB+30歳以上 確定
ヘクター:ジャマイカ+未所属+ディフェンスセンス 確定

MF

カンテ:ボディコントロール+ロンドンFC+CMF 確定
マティッチ:セルビア+イングランドリーグ+DMF 確定
グアルダード:オランダリーグ+北中米南米+30歳以上 確定
ベララビ:その他ヨーロッパリーグ+RMF+瞬発力 確定
カンドレーヴァ:イタリアリーグ+RMF+キック力 確定
マフレズ:アフリカ+RMF+左足 確定
ラミレス:江蘇蘇寧+北中米南米 他1名を先に狙い撃ち

クヤテ:セネガル+イングランドリーグ+DMF 確定
エンディアイエ:EDイェロウ+フィジカルコンタクト+ユーティリティプレイヤー 確定

FW

ヴァーディ:イーストミッドランズ+スタミナ+カウンター 確定
マンジュキッチ:クロアチア+オフェンスセンス+30歳以上 確定
シュルレ:その他ヨーロッパ+LWG+キック力 確定
フッキ:RWG+フィカルコンタクト+左足 確定
ペロッティ:イタリアリーグ+LWG+グラウンダーパス 確定
ルカク:マージーサイドブルー+CF+フィジカルコンタクト 確定
ベントゥク:サウスノーウッド+CF+ヘディング 他1名を先に狙い撃ち

ラシナトラオレ:その他ヨーロッパ+アフリカ+フィジカルコンタクト 確定
ジョレンテ:ウエストグラモルガンシティ+CF+ヘディング 確定
イトゥルベ:パラグアイ+RWG 確定


今回は以上です。
次回は選手のコスパを考慮した使用感をまとめようかなと思ってます。
1円も入って来ないけどブログモチベのために拍手よろしく!
ではでは








ウイイレ2016myclubレート1000超えたのでシステム、戦術、小技を解説します

どうも更新少し遅れましたぴっころです。
2015はウイイレを少し離れてまして2016でモチベが戻ってきてとりあえずmyclubをやり込んで
レート1000を超えることができたのでいろいろ解説します。

とりあえず戦績と監督とメンバーです。

戦績

監督

メンバー

結局300試合したわけですが約200試合フォアチェックの監督でフル銀河でやっていました。
200試合終わった時点でチーム力を2150→1950に下げてリトリートの監督に変更しました。
理由は今回のレートシステムはレート差とチーム力差に応じて変動量が変わるからです。
特に900付近からチーム力を抑えることがレートを上げる上で重要です。

例えば、相手が銀河の400台だった時
自分がフル銀河の場合貰えるレートは最低の1になります。
それを調子が良くて総合値が低い選手やスーパーサブ持ちの選手をベンチにし、
あらかじめ交代する選手を決めておいてそれ以外の選手はコスト0にします。
そうすると貰えるレートが2~3になります。(負けや引き分け時の下がる量も減ります)
実際僕が1000になった試合も相手のレートは270でしたが相手の方はベンチメンバーまで揃えてる人だったので
2上がって1000になりました。
レート上げに困ってる人は参考にしてください。

ついでに後半から出す選手でオススメをあげておくと
ムハンマドサラー、ジェルビーニョ、ウェルベック、インシーニェ、イトゥルベ、アベルエルナンデス、ザハ
あたりが良いと思います。
よくロナウドをスーパーサブ要因で使う人がいますが
たしかに最強ではありますがチーム力の上がり幅も最強なので圧勝して出さない試合でレートの貰える量が減るのはさすがにもったいないという印象です。
でも結局のところ勝率が下がり過ぎたら元も子もない話なので自分の実力に合わせてメンバーを考えるしかないですねw

チーム力の話が出たのでついでに今回追加された育成について話をすると
選手個人にレベルというものが追加されて1~50まであり30がその選手の本来の能力値です。
レベルが上がると能力が上がりそれに伴い総合値が上がりチーム力や契約にかかるGP(コイン)が上がります。
ちなみにコストに関してはレベルに関係なく固定なのでレベルが上がったからといってコストオーバーになる心配はありません。
またレベルに応じて上がる能力も共通しています。
とりあえず31~50まではスクショ取ってまとめました。

31:フライパス、ボディバランス、スタミナ
32:カーブ、ヘディング、瞬発力、クリアリング
33:ボールコントロール、ディフェンスセンス、キック力、GKセンス
34:グラウンダーパス、決定力、ジャンプ、コラブシング
35:ドリブル、プレースキック、キャッチング
36:オフェンスセンス、ボール奪取、スピード、ディフレクティング
37:カーブ、ヘディング、瞬発力、クリアリング
38:グラウンダーパス、決定力、ジャンプ、コラブシング
39:ドリブル、プレースキック、キャッチング
40:ボールコントロール、ディフェンスセンス、キック力、GKセンス
41:フライパス、ボディバランス、スタミナ
42:オフェンスセンス、ボール奪取、スピード、ディフレクティング
43:ボールコントロール、ディフェンスセンス、キック力、GKセンス
44:フライパス、ボディバランス、スタミナ
45:オフェンスセンス、ボール奪取スピード、ディフレクティング
46:ドリブル、プレースキック、キャッチング
47:カーブ、ヘディング、瞬発力、クリアリング
48:グラウンダーパス、決定力、ジャンプ、コラブシング
49:オフェンスセンス、ボール奪取スピード、ディフレクティング
50:ボールコントロール、ディフェンスセンス、キック力、GKセンス

マイクラブは結局スピードゲーなのでスピードが上がるレベル36、42、45、49が重要になります。
僕のオススメは36でとりあえず止めることです。
試合をして37に上がっても瞬発力が上がるのでちょうど良いと思います。
38~41は中途半端に総合値があがるのでGKならGKスキルが上がる43まで上げれば十分です。
フィールドプレイヤーはスピードがいるので45までは上げたいと言えば上げたいですね。

とりあえず30→50でどの能力がどれだけ上がるかを比較を見たい人が多いと思ったので比較します。
アグエロ30能力1
アグエロ30能力2
これがLV30のアグエロです。

アグエロ50能力1
アグエロ50能力2
これがLV50のアグエロです。
どの能力がどれぐらい上がるかは各項目を比較して育てたい選手が最終的にどんな能力になるかわかると思うので参考にしてください。

ちなみに契約料は
アグエロ30
LV30のアグエロ
アグエロ50
LV50のアグエロ
使う選手はレベルが低いうちにたくさん契約するのも割とありだと思います。



ここまでとりあえずシステム面を書いたわけですが
ここからは戦術面と使える小技関係を解説します。

まず守備面ですが
リトリートオートスライディング4CB守備的GKが重要になります。

リトリート:フォアチェックの監督だと裏にフラスルを出すことをメインにしている3トップの相手と試合をすると失点が防げないのでmyclubに限って言えばリトリート一択です。

オートスライディング:コントローラー設定でスライディングの項目をオートにします。今作はファール判定が甘いので勝手に素晴らしいスライディングをしてくれます。甘えましょう。

4CB:今作8~9割いる3トップ対策。相手が3トップでいかにもフラスルで攻めてきそうならマンマーク持ちでマンマークもつけたら更に機能します。

守備的GK:リトリート4CBなので勝手に前に出られるとDFとごちゃごちゃして失点します。特にノイアーはよくごちゃごちゃしてダメです。総合値が高くてGKセンスも低いのであまりオススメできません。オススメはムスレラ、ペリン、クルトワ

あとはコーナーキックの守備ですが背の高い選手(できればヘッダー持ち)をファーポストに立たせるだけでかなり安定して守れます。
相手のキックに対して勝手にカーソルが合う仕様なので
ニアならニアポストに立ってるDFがヘデイング
中央ならGK
ファーなら自分で操作で立たせてるDFがヘディング
ポストから走ってヘディングするので高確率で競り勝てます。
絶好調イブラ、事故でたまに失点しますがそれは諦めましょうw


最後に攻撃についてですが
ほとんどの人が3トップで自分は2トップなので参考になるかわからないですが
自分がとりあえず意識してやってることと使えるテクニック的なことをダラダラ書きます。

まず、2トップにした理由は3トップだと前述した守備の対策をされるとやることがなくなって苦しいからです。
あと1トップだとその守備の対策をして封殺してもラインは押し下げられてしまうので1トップが孤立して
素早いカウンターができず相手がリトリートの場合だとほんとにキツいと感じました。
その点2トップだと相手が4CBでも真ん中2枚だけ相手にすれば良いので苦にならず
マンマークされてもムービングでギャップを作ったりワンツーで崩せるので相手に依存せず強いです。
あと中央を崩す上で最も意識するのは相手のボランチです。
相手のボランチが居座った状態でリトリートの相手を崩すのはかなり難しいです。
特にレベルが上がったヤヤトゥーレあたりが真ん中にいるとすぐボールを奪われます。
なのでまずこのボランチを引き出して剥がすことを意識して組み立てて剥がせたら
バイタルを一気に崩す感覚でやってます。
ボランチさえ剥せれば相手はCBでプレスするしかないのでかなり崩しやすくなります。
なので自分がボランチを操作して守備をするときは安易に飛び込まずに自分の後ろに相手の中盤の選手を行かせないように意識すれば中央を崩そうとしてる相手にはかなり効果的です。
自分も中央を崩したいタイプなので本音を言うとこういうのは書きたくなかったですがここまで書いたのでもういいですw

あとは小技とかですがクロスを上げる時はアーリーの高いクロス(L1+R2+○)で上げれば成功率が上がります。
イブラ、カバーニ、ヤヤトゥーレあたりがファーにいれば強力です。
中央がヘディング弱いならペナルティエリア内からグラウンダーのクロスを上げても面白いです。

ドリブル、トラップ関連で言うと
キックフェイントストップ(□→×左スティック入力なし)が強いです。
ただ注意しないといけないのはダッシュドリブル中にすると
止まってからボールが足元から離れて操作不能時間も発生し最弱の技になります。
キックフェイントストップをする直前でR1を離すとピタッと止まりすぐに行きたい方向に切り返して
置き去りにできます。
これをトラップの時にR2を押しながらキックフェイントストップをするとすぐにニアコントロールができて強いです。
今作はトラップで前を向く時に足元からボールが離れて操作不能になってる間に取られることが多いので前を向くかの判断と方向も考えた方が良いです。

シュートに関して言うと
ニアがキック力があれば普通に安定して入ります。
コントロールカーブ持ちだとファーにコントロールシュート(今作から先にR2を入力)を打てば簡単に入りますが
相手が強くなるとマニュアルキーパーで止めに来たりします。
相手がマニュアルキーパーしてくるレベルの人で抜け出して余裕がある状況なら近づいてニアを優先的にした方が確実だと思います。
あとパスもシュートも直前に角度をつけて切り返した方が決まりやすいので余裕があればやった方がいいです。

今回はダラダラ書きましたが以上になります。
これからはmyclubの1000から先をやりつつ
オンディビの方も触っていきたいと思います。
ではではヽ(・∀・)ノ




平均失点を下げる考え方

どうもぴっころです
毎回放置気味になって申し訳ないです
もう少し更新頻度上げていきます

今回は初心者、中級者が気にする平均失点を下げたいという悩みについてお答えします

実際この手の質問はよく来ますw
よくあるのが「平均失点が2ぐらいあって困っています。どうしたら良いですか?」
こういう質問来たらとりあえず僕は平均得点を聞きます
すると平均得点もだいたい2と答えます
つまり得点と失点の割合が1:1な訳です
さらに噛み砕くと攻撃と守備の時間が同じぐらいであると考えられます
サッカーゲームは90分(リアルの時間で20分弱)と制限時間が限られているので攻撃の時間が増えれば守備の時間が減り、平均得点が上がれば平均失点は下がります
上級者が平均失点1以下に抑えられているのは純粋な守備力が普通より高いというより守備をしている時間がそもそも少ないというのが一番の理由だと思います

だから、平均失点を気にする人は平均得点を上げることだけ考えてプレーして下さい
平均得点5あって平均失点2を超えてる人は歴史上1人もいないので安心して下さい

平均失点を気にしてしまう人は失点を減らして負けない土台を作ってから得点を増やして勝てるようになりたいという考え方だと思いますが気持ちはものすごくわかりますがこの考え方はやめた方が良いです

この考え方をしちゃうと平均失点を下げることが目的になってしまい平均失点が下がったことに満足してしまい、平均得点を上げる段階になった時に平均失点が上がることを気にしてしまうからです。
つまりプレースタイルが消極的になってしまうということです

平均得点と平均失点の割合は勝率やレートに1番関わってくる数字だと思います
平均失点下がっても平均得点も下がったら何の意味もないです

あと基本的に平均失点と平均得点を足して4.5ない人は戦い方に何らかの問題があると思います
攻めても守ってもいない無駄なパス交換や無駄な時間が多いのが原因だと思います
ボールを持ってるだけの時間を無くして攻めるか守るかはっきりしてプレーしていれば4.5は超えてるはずだと思います
だからとにかく平均得点を上げるために攻撃的なスタイルでやること
最初は失点も増えると思いますが失点しないと何が悪かったとかもわからないのでそれはそれで改善点として次回に活かせれば良いと思います
平均得点が上がった頃にはいろんな失点したケースも把握できてると思うので純粋な守備力も上がってると思います

平均得点の目標値はとりあえずは3にすること
3まで上げることができればそこから先は試合数こなせば4にはなると思います
4の後半や5を超えるのにはプレスもある程度極まらないと難しいと思います

まとめとしては
とにかく平均得点だけを気にすること
得点と失点の割合を見れば攻撃の時間と守備の時間の目安がだいたいわかります
最終的にはレートと勝率を上げることが目的なので得点と失点の割合を気にしていきましょう
今回は以上です

ついでに予告というか近況報告しておくと
2ヶ月ぐらいウイイレやめてFIFAやってましたが結局今はウイイレをちょいちょいしてます
今はKOROPITUっていうサブ垢でクイックとMLOを高勝率で1000にするべく頑張っています1111

222

自分にプレッシャーかけすぎないように頑張ります(白目)
次は快挙を達成したらドヤ記事書きます(フラグ)
ではでは

クイックマッチ開幕100連勝したのでフォメ、スライダー、戦術解説(バルセロナ)

どうもぴっころです。
今回はクイックマッチのガチ勢向けに自分が使っているバルセロナの解説をします。
バルセロナを使ってない人でも大事なポイントやスライダーの考え方はある程度参考になると思います。

まず自分のクイックの戦績です。
100.png
100試合全勝を達成することができました!
正直なところマッチングの運が良かった部分は絶対にあると思います。
しかしながら不運、相性、糞回線、エフェクト、こちらのミスなど危ない試合は何度かありましたw

全体の感想としては
全体のレベルとしてはやはりMLOに比べると劣ると思います。
使用チームはバルセロナです。
バルセロナを選んだ理由はクイックを始めるにあたって目標がogyomoさんの戦績を越えることでした。
戦績を最大限よくすることが目的なので自分が一番使いやすいチームを選びました。
また、相手の使用チームですがこちらがバルセロナであることから7割ぐらいバルセロナで残りがその他の強豪って感じでした。

使用フォメです(先発)
f1st.png






続いて60分前後での選手交代後のフォメです。
f60.png

システムは4-4-2(4-2-2-2)です。
このシステムを選んだ理由は選手交代を含めた選手層からこれが一番安定すると思ったからです。
ポイントとして2枚の画像を見てわかると思いますが、60分になると2トップが1列下がってサイドハーフが
新たな2トップと交代しています。
こうした理由はこのフォメを使うとわかりますが2トップは体力が割と残り、サイドハーフは体力の減少が大きく90分間使えないという体力的な理由と60分から新たにフレッシュな2トップにすることで90分通して攻撃力が落ちないという戦術的な理由です。
また、必要に応じてソング(ピケ)をCBと交代させます。

起用法ですが
メッシが絶不調時はRMFで先発させます。理由は絶不調でもアフェライより強いからです。
イニエスタが不調以下でサンチェス、ペドロの方が調子が良い場合は控えにします。
理由はスキルにスーパーサブがあるからです。
2トップは画像でわかるようにメッシ、イニエスタ、サンチェス、ペドロ以外使いません(メッシ絶不調時のみ60分からアフェライ)。
サイドハーフはネイマール、アフェライ、テージョを先発で回してます(メッシ絶不調時はRMFで先発)。
60分のみの出場です。
CMFはシャビ、セスク、アフェライ(セルジロベルト)で回してます。
RSBはアウヴェス固定
CBも基本的にマスケラーノ、プジョル固定
LSBはアルバとアドリアーノで回してますがアルバを優先しています。
GKはバルデス固定です。

以上でシステムの説明を終わります。
何かわからないことがあれば質問でお願いします。

次にスライダー値です
srbarusa.png

各パラメーターについて説明します。

psi.png
5にしてる理由は、前線の選手は前にしっかり前にいてもらって、DFはしっかり後ろで守っていて欲しいという単純な理由です。
要はシステムが崩れないために低く設定しています。

psk.png
15にしてる理由は、攻撃時にスペースを確保するためです。距離が近いとスペースがなくなり相手との距離も近くなり時間的な余裕もなくなります。なのである程度高く設定し、スペースと時間を確保して攻撃の自由度を上げてます。

pc.png
10にしてる理由ですが、これはあまり意識してないので標準にしています。0にしてた時期もありましたがあまりにも単調になったので10にしてます。5~10なら問題ないと思います。

pki.png
15にしてる理由は、今作はいかに前線で奪う回数を増やすかが平均失点に影響してくるので高く設定しています。

dlt.png
15にしてる理由は、プレス開始位置と同じです。今作はラインを下げて裏のケアができても失点を防げない場面が多いのでハーフウェイまでで奪える回数を増やさないと平均失点を1以下にするのは難しいので高くしています。

sc.png
15にしてる理由は、攻撃と違い守備はスペースを与えないようにするためコンパクトにします。
中央に絞るメリットとして、マニュアルキーパーをした時にcpuが勝手にブロックやクリアしてくれる機会が増える
のがかなり大きいです。

kk.png
5にしてる理由は、DFラインで奪った直後の最初のパスっていうのはかなり重要なのでパスを受けに来させるように低くしています。また、前線で奪った時も2トップの1人をムービングで裏に走らせて裏をケアされたらパスを受けに来た選手にパスを出して相手のDFのギャップを簡単に作ることができてかなり強いです。
なので5ぐらいがオススメです。

kl.png

15にしてる理由の1つは鳥かご対策です。あと今作は攻撃は最大の防御的な部分があるので、攻撃的にする意味で高くしています。

以上でスライダーの説明終わります。
質問あればコメントでお願いします。

最後に、よくバルサを使うだけで文句を言う人がいますが
そういう人とはそもそも目的というか価値観が違うので気にしなくて良いと思います。

好きなチーム使って戦績が悪くなるのは好きでもないのにバルサを使ってるお前らのせいだ!バルサ使ったら誰でも勝てる!
って言われてもバルサ使いには何も響きませんし

戦績が悪くなって文句があるなら大人しくバルサ使えよ!バルサ使って俺の戦績越えてから言えゴミ、カス、雑魚、しね!
ってエンジョイ勢に言っても何も響きません

なので目的に応じて好きなチーム選べば良いと思います。
ただ、選んだのは自分なので完全に自己責任だと思います。

今回は以上です
今後はとりあえず前人未踏の全勝でレート1000を目指そうと思います。
ではでは(^O^)/

















ウイイレ上達法2

どうもぴっころです。
銀河リーグレート1000に行ってからサブ垢を作るもいまいちモチベがなく
パワプロをメインにやりつつサブ垢でクイックとMLOをぼちぼちやっています
というわけであまり新しいネタがないので
以前記事に書いたウイイレ上達法の続きというか補足の記事を書こうと思います

まず以前書いた記事の内容を簡単に要約すると

支配率より決定機の数を意識すること
そのためにどうやったら速く正確に攻めれるか考えること
でした。

今回の記事はこのことについて具体的に何を考えてプレーすれば良いか書きます
まず強くなる上で押さえておかなければいけないのは以前も書いた決定機の数です。
結局対人戦で安定して勝つことを考えるとこれが一番の目的です。
じゃあ決定機を増やすには具体的にどうするかを考えると

1回の攻撃を速くする

高い位置でボールを奪う

この2つが重要です。
優先順位を考えるとまず1回の攻撃を速くすることから始めた方が良いです。

この前Twitterにも書いたのですが
ウイイレがうまくなりたければいろんな場面でいろんなミスをして
そのミスが起きた場面での正解のプレーはなんだったかを考えて
次にそのミスをした場面が来たときに正解のプレーを選択すること
このミスを直して行く作業を一つ一つ積み重ねることが早く上達する方法です。

どのゲームも『速い』ということは技術であり強さだと思います
こっちがゆっくり攻めるみたいな簡単なことをするということは
相手にとっても対応が簡単ということなので
最終的には速く正確に攻めるという難しいことをしないと
相手の対応も難しくならないです。

最初はミスをしても良いから速く攻める。
これは意識したら誰でもできます。
ミスをしても良いからというよりはミスをすることが目的です

次にミスをした場面の理由から正解を考えて次に活かす。
やってるうちにミスをするポイントっていうのはわかってきます
特にいつもここでミスするなぁと思う場面から順にどうすれば良かったか考えます

結局はこの作業の繰り返しがウイイレ上達の全てです
最初は意識しないとできないですが慣れればミスする度に無意識に
あーすれば良かったなぁみたいな正解もすぐに浮かぶようになります

ウイイレみたいなゲーム性では全く同じ場面というのは現れないですが
相手のDFの位置関係が違うだけみたいな似たような場面はよくあるので
覚えるパターンの数もそんなにないので問題ないと思います。

この作業を繰り返したら速く正確に攻めれるようになるので決定機も自然と増えます
ただ決定機の数を競うゲームじゃないので当然決定力も必要になりますが
これも今までと同じで外した場面の正解を考えるだけです。
それに決定機の数も増えているため人よりたくさんミスも経験できるので
決定力はすぐあげれるのでこれも問題ないです。

とにかくミスを多く経験してそのミスをいかに次に活かすかが
上達の鍵です。

今回は以上です
とにかく強くなりたい人は速く攻めるところから始めましょう。
次回はクイックマッチのレートが1000になったらクイックマッチについて少し書きます
現在74/0/0 レートは890ぐらいだったと思います
あと50試合ぐらいなので頑張ります!
ではでは(^-^)/

Appendix

プロフィール

@ぴっころ

Author:@ぴっころ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。